蓼食う虫もテキサス

デンマーク人夫・ツレ氏とねこちゃんとのテキサスライフ。絶対に負けられない戦いがそこらへんにある主婦カイエの絵日記

タグ:X

そういえば「続き描くかも」と言ってそれっきりだったな~ ということで。前回はこちら「We Are X」間もなく封切り部分的に詳細ネタバレしてるので気にならない方だけご覧くださいませ。アラモ ドラフトハウスというシアターツレ氏友人から「オレあそこのメシでアタったんだ ...

そういえば「続き描くかも」と言ってそれっきりだったな~ ということで。
前回はこちら「We Are X」間もなく封切り

部分的に詳細ネタバレしてるので気にならない方だけご覧くださいませ。

wearex2-1

アラモ ドラフトハウスというシアター
ツレ氏友人から「オレあそこのメシでアタったんだ」と聞いていたので火の良く通ったハンバーガー(1人前)にしたw
でもビールの種類が豊富でとても良い!テキサスにお住いの方はどうぞ。


wearex2-2
ひえーーあったねえこんな曲名。。。

そして
wearex2-3
例の洗脳騒動。まさかここまで素で話すとは。。
そんで普通に気を遣って会話するヨシキ。なんというか…ヨシキってちゃんと普通なんだねww


wearex2-4
そうだったのか。
家族の悲劇が原体験としてあってこれでもかと自分を追い込んで痛めつけてきたのも実は強烈な生への肯定感を求めるあまりの裏返しだったのかな。
狂気じみた破壊的な行動をとるかと思えばナルシストな振る舞いもするし表現者としての自分の見せ方もよくわかっている。依存症もなく大病もせず食事もコントロールし結局シラフの人なんだなあヨシキは。プロだね。


wearex2-5
これに尽きるなと思った。
事故や病気で無念のうちに亡くなる人もいる。自分で選べるなら生きるほうを選んだほうがいい。
ずっと「死んだっていい」と思いながら生きてきたヨシキは今、慈善活動にも力を入れている。(有名人が目立つように救援活動などをすることはワタシはとてもいいことだと思う)
もし若くして死んでいたらできなかったことだ。


wearex2-6
「ヘビメタは虫唾が走るほど嫌い」と公言するツレ氏にあんまりひどいこと言われなくてよかった(笑)

がむしゃらに音楽に打ち込むヨシキの姿に、ツレ氏の大好きな「パンク精神」を見たからおk!なのかなw


あとやっぱ
心に刺さったのは声のみの出演だったヨシキのお母さんの言葉。見ていてどんなにか生きた心地のしない、心配な息子だっただろう。
今では大きな晴れ舞台もたくさん経験して誇らしい息子だと思う。これからも生き抜いてお母さんこそ幸せにしてあげてほしい。そう思うのでありました。


ともかく
X Japanテキサス公演来たら行くぜオエッ(←トシの掛け声風)

っていうプロモ効果絶大でやんした(;・∀・)

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

この前、行きましたよ。そして帰ってきましたよ。片道3時間、往復6時間ワタシの運転で!ツレ氏の娘っコたちに会いに。まあ行ったら行ったでそれなりに楽しいんだけどね。さて そのとき長女タンから仕入れた情報。ハロウィン前につきなんとなくそれっぽい服装のカイエ画像を ...
この前、行きましたよ。そして帰ってきましたよ。
片道3時間、往復6時間ワタシの運転で!ツレ氏の娘っコたちに会いに。

まあ行ったら行ったでそれなりに楽しいんだけどね。


さて そのとき長女タンから仕入れた情報。

wearex1-1
ハロウィン前につきなんとなくそれっぽい服装のカイエ


wearex1-2



wearex1-3
画像を検索すると「エックス」ポーズをさせられてるヨシキさまがゾロゾロ。
営業がんばっている!


wearex1-4



wearex1-5

 まあ やるよねー

(そんでそっからさららに四方八方へ検索、検索。エンドレス)

 
シン ゴジラが平日3日間上映だったのに比べ、家から遠い劇場だけど週末込みで6日間も上映してくれるのでちょっと扱いがいいかんじ。いろいろ作品賞も取ったらしいしね。

ということで多分観てきますワタシ。

よっぽど衝撃的だったらまたネタにするかもしれないし、まとまらなかったらしないかもしれない。。



ついでにXの思い出。
(12月だったのでアンコールでメンバー全員サンタの恰好で出てきた)
wearex1-6
いや
べつに「オラオラ系」は好きじゃないですw


なんかその~~ロックって一応「反体制」とか「自由」がテーマだと思うんですけど~(←古いのかな)
日本のロックバンドの観客側って大きくなればなるほどなんとなく「全体で掛け声あわせてオー!」とか「同じタイミングで同じ振付け(?)や拳振り上げ」という「作法」が顕著になってくるというか。

当時バンドブームの中でも、Xの観客の動きの一体感たるやまさにその最たるものだったんじゃないかな。(自分以外)全員息ピッタリ合いすぎですし。


協調性に欠け大ファンでもないワタシにはかなり居心地の悪い(笑)ライブ鑑賞でした。


別に批判じゃないです(←守りっ)
ヨシキの「動くドラムステージ」(!)のドラムソロとかね、すごかった。音楽わかんない自分でも息を飲む技術と迫力。ツアー全公演でアレやってたなんてほんと死ぬわ。
映画のトレーラーを見ると強烈な生死観に突き動かされて今まできたんだなと。あのエキセントリックさはそこから来てるんかな。

「シンゴジラ」みたいにまた2回観に行っちゃうかもね(^^;



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む