蓼食う虫もテキサス

デンマーク人夫・ツレ氏とねこちゃんとのテキサスライフ。絶対に負けられない戦いがそこらへんにある主婦カイエの絵日記

タグ:ルサンチマン

今もひきずる昔のモヤモヤを、最後にここで描いてお空に還すプロジェクト「どうすればいいのこのルサンチマン」第2弾いつも同じ作業ジャンパー。襟元の裏地がチェック。彼のお気に入りだったのだろう。音楽番組にもよく出ていたシンガーソングライター言っていた詳細の記憶は ...
今もひきずる昔のモヤモヤを、最後にここで描いてお空に還すプロジェクト「どうすればいいのこのルサンチマン」第2弾

tiri1-1
いつも同じ作業ジャンパー。襟元の裏地がチェック。彼のお気に入りだったのだろう。


tiri1-2



tiri1-7



tiri1-3
音楽番組にもよく出ていたシンガーソングライター


tiri1-4
言っていた詳細の記憶は曖昧だが、ひたすら「嫌いだ」「気持ち悪い」を連呼


tiri1-5


現在
tiri1-6

ほんとさあ
先生だって人間だから好き嫌いの感情があるのはいいんだけどさ

教室って場所は当時一方通行で
教師が勝手なこと言い出したってこっちは反論ができないわけ。
(例えば対話式の指導が上手な教師なら、生徒からも意見や感想が引き出せたかもしれない)

自分はその歌手のファンではなかったが、クラスに「徳〇さん好きー」って言ってた子もいたし、この教師の悪口の間どんなに不愉快だったかと。。
でもその歌手に対してべつに何の感情がなかったワタシまでもがそれ以来彼の歌声や名前を聞くたびにその教師がボロクソにこき下ろした時の教室の風景まで一緒に思い出してつらい。
なんだったのか。奥さんや年頃の娘さんが「ステキ―」とか言ってたのかね。

その歌手は今も人気があってご活躍なのでその辺はスカッとするところ。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

テキサスと関係ない話題。子供時代のモヤモヤに苛まれる度誰かにぶちまけたい衝動にかられるのはいい加減卒業したいので、最後にここで描いてお空に還すプロジェクト「どうすればいいのこのルサンチマン」シリーズ昔懐かしいわら半紙のプリント。あれから何十年も経ってるの ...
テキサスと関係ない話題。
子供時代のモヤモヤに苛まれる度誰かにぶちまけたい衝動にかられるのはいい加減卒業したいので、最後にここで描いてお空に還すプロジェクト「どうすればいいのこのルサンチマン」シリーズ

gonngitune1-1
昔懐かしいわら半紙のプリント。


gonngitune1-2



gonngitune1-3



gonngitune1-4



gonngitune1-5



gonngitune1-6



gonngitune1-8

あれから何十年も経ってるのに。
しかもごんぎつねは今も国語の教科書に載ってるらしく
gonngitune1-7
ルサンチマンとはに弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことをいう

この記事を書くのに久しぶりにごんぎつねをナナメ読みしたが、登場人物の口調はべらんめい調だ。そのキャラクターも踏まえてH川さんは「すいません」という言葉遣いをしたんだと思う。
自由に書いていいはずの課題で一方的にギャンギャン叱責された10歳のH川さんはどんなにショックだったろう。ワタシにも忘れられない記憶になった。

昔の学校はマジ恐怖政治ひかれててね…親に言ったってどうせもう一度怒られるだけだから、学校で受けた罰は(今思えば不当だと思えることも)隠してきた。担任の当たりハズレでその1年か2年のストレス度が2万倍くらい変わってくる。下手したらその後の人生も変わってくる。体罰でケガをした子もいる。耐えるしかない理不尽なこともいっぱいあった。その点では社会…ザ・リアルワールドに出る前のいい勉強になったかもしれない。

でもそれは…理不尽なことを通す連中を増長させるだけで誰のためにもならないんだけどね。
現在老害と呼ばれる言動をする人たちは「立場が上のほうが常に勝ち」「すごい剣幕で当たれば皆黙る」がまかり通った時代に甘やかされてきたんだろうね。

…ツレ氏が心配だ(爆)

さようならごんぎつね。
そしてH川さん、あなたは間違ってない。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む