カイエとツレ氏は2021年秋に結婚10周年記念旅行に行った
その帰り道の話
始まりはこちら↓


前回はこちら

 
今回こちらから
mar012022-1
 
mar012022-2


米国の警察官といえば=総じて厚みがあるイメージ なのだが。
ここドイツの空港でツレ氏を取り囲んだのはスッラァーっと背が高く若い警官ばっかりであらまあ〜と見とれてしまった。

ちょっと離れたところから。

ところでその場で話しかけた女性はたまたま暇だったようで向こうからも「アメリカへ帰るのー?」「私の娘もねー」とかそういった他愛もない話をニコニコしてきたりなど


9へつづく




※今回のシリーズに限ったことではありませんが、私の記憶にも曖昧な部分が多くこちらの創作や演出も混じります。
あまり真に受けず軽い気持ちでお読みください



2019年に遊びに来てくれた友人たちとこんなこともあった
「銃弾は飛行機に持ち込めるのか」







クリック簡単☆彡読者登録もどうぞ
(LINEで更新通知が届きます)
LINEで読者になる

いつも応援ありがとうございます
(1日1クリックでランキングサイトに票が入ります)
「やだぁはちみつ1個で連行されるとか?」
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村
「要注意人物認定されとるやないかーい」

絵日記ランキング



前回ツレ氏の「ちょっといい話(?)」にコメントありがとうございました

mimiさん こひめ。さん 赤だしさん 楓さん やばいwwwさん domidomiさん JIJAさん ててんさん なりきれさん コユコユさん 爺さん 
ツレ氏は荷物検査で止められると必ずこのエピソードを展開するんですよね…私の知る限りこれで通れたことはありません。そもそも実話かどうかもわかりません。が、確認する気もありません^^; 
domidomiさんの、入国審査といってもただの乗り換えなのに小学生が止められるとか意味不明すぎる。。息子さんの活躍とdomidomiさんの泣き顔で乗り切れて良かったです^^;
あとドイツへの郵便物にかかる非情な関税ですが、なぜか去年は無かったんですよね‥受け取る側に払わされるとかほんとひどいですよー。せめて送り手にかかるようにすればいいのに。でも知らないうちに撤廃になったのか、コロナの影響で一時的にうやむやになっているだけなのか。私もこれからもドイツの友人とのやりとりをしたいので気になるところです。