2021年テキサス寒波の経験からの覚え書き的な




今回はこちらから
mar032021-2
(そういえばイモは外の雪でこすって洗ったこともあった)

mar032021-1

うちには紙皿など使い捨ての食器はたくさんあった。
けど最初のうちは3日くらいで気温が戻ると思っていたので普段の食器を使ったりしていたがあっという間に洗えないまま積み上がり流し台はいっぱいになった。 

特にきれい好きでも片付け魔でもない私にもその汚れっぱなしのキッチンは地味にメンタルに響いた。


ハデに汚れた大きめの鍋はシンクに置きっぱなしだったが小振りの鍋はお湯とペーパーでぬぐい、汚れが完全に落ちていない状態のままそれで夕食のスープなどを作った。


水道が凍結して水が止まる前の晩。
私はいつものように遅くまでブログ作業か何かで起きていた。
寝る前「水道出しっぱなしとかやんなくていいのかなあ」とよぎらなかったわけではないが、2階は全体に暖房であったかいしもしかして全てが止まるってこともないんじゃ?という根拠のない楽観があった。
実に悔やまれる。


今回の被災で実感。
飲料水、食料、ペーパー類はコロナパニックの経験もあったので普段から余裕を持って備えていてよかった。
思わぬダメージを受けるのはトイレと手洗いの不自由。
除菌シートだけでなく薬品が強くないベビー用ワイプなどの準備。
氷点下に気温が下がる前の日はバスタブに水を張り、水道を流しっぱなしにする。
停電に備えて要領の大きいバッテリーチャージャーを充電しておく。


もしもまた大きなハリケーンや寒波に襲われたら今度はうちが「もしよかったらうちに来て!」と困ってる人に言える側になりたいと思う。
コメント欄にたくさんの知恵をお寄せくださった皆さまありがとうございました。
今度またこんな状況が予測されたらその前に今回の一連の記事とコメント欄を読み返したいと思います。



今回の寒波関連記事

断水5日目で獣医さんに駆け込む事態が発生(現在は落ち着いてます)

待望の水道復旧。歓喜に湧く私。





クリック簡単☆彡読者登録もどうぞ
LINEで読者になる

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング