いよいよ沖縄の大人気スポット、美ら海水族館へ!

向かう前に朝食。朝から開いてるお店は少ない…そこで見つけたのはスパムおにぎり専門店
写真819
熱々の魚フライとタルタルソースがスパムと一緒におにぎりになったのを頼んだ。
おいしくて腹持ちする!
お店でできたておにぎりを買い、向かい側にイートインスペースがあった。
写真818

お店はチェーン店
ポークたまごおにぎり


さあ、美ら海水族館へ出発。
コンビニで入手した水族館の(多分→)割引券を持って、我々は那覇空港まで戻る。
空港のインフォメーションで聞くと高速バスで2時間で着くという便を紹介される。
往復で買うと少し割引になるチケット、1日に数本出ているので時間割に沿って行きと帰りの予定を立てる。
途中休憩やバスの中にトイレは無いのでご注意。

さあ入場。
写真820
クラゲは写真撮りたくなるよねー
これは
写真822
チンアナゴだね!
写真821
浮いてるタツノオトシゴ…(生きてます)
写真823

そして美ら海といえば!目玉の巨大水槽ので泳ぐ大きなジンベイザメ
写真824
写真826

小さい水槽での展示もその他いろいろ
写真827
オオグソクムシかな
写真828



さあ、人人人でごった返していた本館を出て次はマナティ館に行ってみよう。
写真829
ああそうなんですか…。
なんか
写真830
でかい
写真831
でも
写真832
ヒマじゃないのかな。結構賢そうな動物に見えるけど…
プールの中はなーんにもない。トンネルや隠れるような陰もおもちゃも何も。
体格に比べたらそれほど大きくない屋内の水槽でぼんやり動いてる。
写真833
写真835
全部で3匹。随分前からここで飼育されてるんだなあ。
写真834
ん?
イラスト79
ユカタンお前!
何歳なんや…

 ここに来たのが1978年なんだから41歳よりは年取ってるはず。


カメ館!
日光の当たる、小さな偽ビーチもある、水槽の中も岩で変化が付けられてる豪華水槽で暮らしてる。
水槽の上からも見られるし(写真撮り忘れた)下に降りて水中のカメさんたちの様子も見られる。
写真836
本物の甲羅の顔だしパネルで記念撮影。
写真837
マザーと亀。
地上に出てカメ館を後にすると横でイルカショーも催されていた。我々はそれは見ずお土産屋に寄り、帰りのバス停に向かった。
ありがとう!美しい海 美ら海水族館!
写真838

いやしかしまさかあれほど混雑しているとは…というほど館内は観光客でいっぱいだった。
やっぱり中国人が多かったかな。英語、その他の言語も聞こえた。
水族館って静かで薄暗くてちょっと肌寒いんじゃないかと思ってたけど熱気で全然!


たくさん稼いでマナティ館がもっと豪華になりますように!
あそこで残りの生涯を過ごすであろうマナティが楽しい気持で暮らせる設備になるといいのになーと思ったりしたのでありました。(や、十分楽しいのかもしれないわからない)


生き物と関わるのって大変だ。
過去記事 野生生物カテゴリー ↓
d8ea4438-s



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング