okinawa1-1
※訂正 ひめゆり学徒隊は師範学校の生徒たちで看護師ではありません。


okinawa1-2



okinawa1-3
一人一人の名前と顔。

ひめゆり学徒隊は
okinawa1-4

なんだかずっと
かわいそうでかわいそうで涙が滲む気持ちだった。

彼女らの学んだ学校は当時プールもついた最新設備、各地から成績優秀な子ばかりが集った師範学校の生徒たちでほとんどが教師を目指していた。
戦地に赴任する時まで、赤十字病院のような攻撃を受けない設備の整った病院へ向かうのだと思っていたらしい。
実際は自然や人力でできたただの岩穴のような壕、飛び交う銃弾、不十分な薬と食料、次々運ばれる重傷の兵士たちの血膿と糞尿の臭い、手当と処理、患者の傷口に湧く蛆の音、脳障害を起こした重傷の兵士の怒号、死体の埋葬。
ガス弾、爆撃で体の一部を吹き飛ばされて目の前で亡くなる友人、自決の方法の相談。
志を持って学び日本のために働いて、最後に見た景色は地獄。いったいこの子たちが何をしたというんだろう。

最後の最後で投降して生き延びた学徒隊や兵士の様子についての証言もまた興味深かった。


不思議だったのが、どうしてこの施設内の展示物や証言を撮影できないのか。
フラッシュだけ禁止にして、自由に撮影とSNSのシェアができるようにしたらいいのでは。


見学前、遅めの朝食で入った「ひめゆりそば」
またうっかり具を動かしてから写真撮っちゃった。
写真771
前日の居酒屋で食べた沖縄そばよりスープがあっさりに感じた。
沖縄人的にはどっちが正解なんだろうー??

写真772
炭酸水大好きマンなので、シークワーサー風味のを買ってみたよ。

写真770
ひめゆりの塔への入り口前の長ーーい横断歩道。
修学旅行生が集団で通ってもバッチリ。

写真769

誰の子供の体も吹き飛ばしたくないし、私も誰かも分からない人に撃ち抜かれたくないです。
どうしたらいいんですかね。



時々青臭いことも書いてる「アメリカ」カテゴリーはこちら↓
e720e5b2-s



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング