最近Twitterで出回ってた話題から思い出したこと

kami1-1



kami1-2



kami1-3



kami1-4
スカートが爆発的に短くなる直前の時代


kami1-5



kami1-6



kami1-7



kami1-8



kami1-9

カイエ開眼。

先生はワタシのS川さんに対する批判めいたトーンを嗅ぎ取ったんだたと思う。
突き放すような返事でバッサリと切られた。

後からどうしてワタシはS川さんの明るい髪色のことを悪く?言おうとしたんだろうと考えてみた。
結局
「自由そうにしている人が妬ましい」
「ワタシは我慢してるのになんであの人は何も言われないの」

というつまんねー嫉妬の気持ちからだったと思う。
自由に向かおうとする人の足を引っ張るのはいつだって同じ境遇の人だ…!


kami1-10

その時その時の、快適な自分になれたらいちばんいいね。
まあその「自分らしさ」っていう実は不自由な罠も同時にぽっかり口を開けてるから気をつけた方がいいけどね。
でもたまには落っこちて、後から気が変わって恥ずかしくなったっていいんだ。
どんどん自分を上書き更新していく柔軟さとたくましさがあればいーんだ。


S川さんとは同じクラスになったことも話したことも無かったが髪の色で目立っていた。
噂では「普通のシャンプーでも色が抜けちゃうんだって」ということだった。
その時は「フーンじゃあしょうがないんだ」と思っていたけど。
そうじゃなくて。
つまり地毛だからいいとか、わざとなら悪いとかじゃなくて。

S川さんは自分がしたくて染めてたんならそれでもいいし、そうでないならないでいいのだ。


そんで時は経ち
まさか21世紀になっても「保護者の地毛証明がー」とか「明るい頭髪は黒く染めろ」とか言われて困ってる子たちがいるとはな~~
とか思ってさ。


(過去記事)数学補習の呼び出しはここから始まった
46126aa1-s
「カイエのクズ学生時代1」(2018年9月28日)



アメリカでも意外に厳しい校則
7538b4ca-s
「厳しいアメリカの校則」(2019年4月19日)

行方不明の子供の写真がスーパーに貼ってあったりするし、異常者からターゲットにされるとあっという間にさらわれて命を落とす恐ろしい事件が後を絶たないので子供を守るためのルールか…

日本の校則にもそういう一面もあるだろうけれど、前髪の長さや靴下の色まで指定してくる校則には「管理する側が子供たちを従わせて悦に入る」以外の理由があるなら教えてほしい。



ところで先日新潟県長岡花火のことを記事にしたんだけど(←クリックで記事へ)
ブロガーまるなみさんのご家族が観に行ってきたよ!
hanabi
ブログ ピィちゃん日記「花火より団子」
こんなふうに買い出しをしてトコトコ長岡花火の会場へ向かう地元のまるなみさんファミリーうらやましい!(≧▽≦)



コメントたくさんありがとうございます。返信少々お待たせしますm(__)m
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング