前回の独立記念日のおまけ記事でっす

もう8年近くこっち住んでんのに初めて気付いた。
昨日長女タン宅へ到着したとき
4720194
「Happy 4th of July!」


4720195

「ハッピー インディペンデンスデー」だと変なの?誰も言わない。

4720196

ということで
みーんな「Happy forth of July! (ハッピー フォースオブジュライ)」って言うけど、「Happy Independence Day! (ハッピー インディペンデンスデイ)」と言っても会話としておかしくはないそーです。


一応「なぜインディペンデンスデーじゃなくてフォースオブジュライって言うの」っていうのをググったら質問箱みたいなサイトで「それは独立国家として調印した日がナントカカントカ…」という、(いや知ってるし。聞きたいのはそうじゃなくて^^;)ってことを得々と語るアンサーから「『インディペンデンスデー』だと長いから」(←そうか?)とか「わしゃあくまでもインディペンデンスデーって言うぞ。誰もクリスマスデーを25th オブ ディセンバーなんて言わないようにな」という「いや聞いてないし」的なさまざまな書き込み。
19世紀の出版物などでこの祝日を4th of July を表記されることが多く…とか??よくわからないけどその頃から日付で呼ぶのが一般に定着したんだね。


さらに
日本って日付を2019年7月4日というふうに大きい方から書くよね。
ヨーロッパは4/7/2019 という風に逆。
アメリカは7/4/2019 みたいに突然月だけ先言う、という奇怪な習慣があるんだけど
なんでそこは「ハッピー 7月4日(ジュライ フォース)」じゃないのかっていう新たな謎はわからなかった。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング