あれから1年。
世間を震撼させたウイルスもとりあえず収束したようで、聞かなくなりましたねえ。
去年のハロウィン記事はこちら 「ハロウィンですからね」


今年のハロウィンは自宅待機。

ということは近所の Trick or treat 行脚(あんぎゃ)がやってきます。

例年手抜きハロウィンですがそれにしても…用意したお菓子は


halloween2-1
 
ツレ氏「今年はこれで十分。これ以上買うな」 

halloween2-2


確かにあんな安物アメの「消費」期限なんてあってないようなもんだろうが「賞味」期限はあると思う。

見るからに溶けてるアメ。砂糖は周りの湿気や臭気を吸って味は落ちるし明らかに品質は劣化し食感も悪くなる。だから腐敗しないものにも賞味期限はあるのだ。


halloween2-3
(ちなみにワタシは魔女の宅急便のキキのつもりね)

結局全部配り終わった!


halloween2-4
 
ホラー演出の効果音を鳴らした時の子供たちの反応を伝えると嬉しそうに浮かれるツレ氏。



子供たちが山ほど集めたキャンディー、その晩のうちにおいしそうなものから子供たちの口に入り実際は残りのほとんどを保護者が「どうにかする」らしい。だからウチからの見るからにまずそうなお菓子が子供たちに食べられることはないかもしれない…というのがせめてもの救い。。


でも、どうせだったら「おいしそう」と選ばれて、「おいしい」と口に運ばれる お菓子を用意したかった。とにかく今年は残り物が全部はけたので、来年も自宅待機(配る役割)になったらもっとマシなお菓子を用意したいです!


秋冬の大き目な行事の1つが無事終わりちょっとホッとしてます。

いつも応援ありがとうございます。 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ