蓼食う虫もテキサス

ワタシ主婦カイエ。夫ツレ氏、ペットねこちゃん。愛と白目とカルチャーショックのテキサス暮らし

タグ:動物

「アルマジロを見た場所だ」とツレ氏おすすめの林。これで3、4回目。昨日の話。あまりにも頭に来たので一回踵を返したが、引き返してきたツレ氏にまた散策に連れ出された。 ↑上の2コマは想像本当にジュラシックパークに出てくるようななんかの動物がうなる声だった。すぐ ... 続きを読む

「アルマジロを見た場所だ」とツレ氏おすすめの林。これで3、4回目。
昨日の話。
boar1-1
あまりにも頭に来たので一回踵を返したが、引き返してきたツレ氏にまた散策に連れ出された。


boar1-2



boar1-4



boar1-3



boar1-5



boar1-6
 


boar1-10



boar1-9

↑上の2コマは想像

boar1-7 (1)
本当にジュラシックパークに出てくるようななんかの動物がうなる声だった。
すぐ近くの音と声だけでその本体は見えなかった。目が合ってたら危なかったかも。
日本のニュースサイトでイノシシに襲われて死亡というのを時々見かける。
彼らは肉食じゃないはずだが、怒らせて鋭い牙で噛まれたらこちらは致命傷になる。

boar1-8 (1)
大自然。
イノシシに襲われることを考えたらツレ氏のモラなんて大したことない。
関係ないがこの帰り道ツレ氏はスーパーに寄りビールを買ってくれた。
理不尽な物言いの後は急に優しいことをしようとする。モラの得意技なw


「テキサスのイノシシ」で検索して出てきた画像
写真611
でけーよ。
仕留められたのを見るとちょっとかわいそう。

以前
実家近くに出没した野生のオス猿と対峙して道をどかせたことはある。
その話もいつか描きたい。


(過去記事)アライグマと意思疎通した話
158a38b4-s
「準 野生の王国」(2014年9月29日)

紙に描いた絵をスキャンして色塗りしていた頃。


41204766-s
「説得」(2015年12月3日)

このネズミは弱っていたが、自分から歩いて袋に入っていった。

我ながら時々すごい才能じゃないかと思う時がある(笑)


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

サボテンと、アロエの仲間らしき観葉植物。ちなみに小学生の時から飼ってるカメは東京でも一緒に暮らした。ワタシとお別れしてからあからさまに成長しているサボテンとアロエ。今は実家に帰るとサボテンは姿を消していたがアロエは子株がたしかまだあった。ちなみにうちの動 ... 続きを読む

plants1-1
サボテンと、アロエの仲間らしき観葉植物。


plants1-2
ちなみに小学生の時から飼ってるカメは東京でも一緒に暮らした。


plants1-3



plants1-4

ワタシとお別れしてからあからさまに成長しているサボテンとアロエ。

今は実家に帰るとサボテンは姿を消していたがアロエは子株がたしかまだあった。

ちなみにうちの動物はわりと長生きする方だと思う。
小学生の時から飼ってる亀は東京でも一緒に暮らした。ツレ氏と結婚する時も亀と一緒に渡米したくていろいろ調べたがあまりにも壁が大きく断念。今も実家で世話をしてもらっている。

今回のエピソードは小井田しろさんのブログ「それで、いつ本気出すの?」
こちらの回 ↓ を読んで思い出したエピソードでしたー!
koidasan2
「そろそろ動こうか?」

ワタシと同じくサボテンも枯らす小井田さん一家とちょっと不思議な牡丹の話。

小井田さんは絵がとってもお上手!
かつて飼っていた猫「チンタコ」ちゃんへの愛情あふれる記事がとっても可愛い♡
koidasan1

(↑クリックでトップページへ飛びます)

小井田さんありがと~~ぅヾ(≧▽≦)ノ

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング
 

テキサスロデオ(2)からのつづき周りを見ると畜産農家のファミリーがそれぞれのブースで連れてきた牛の世話などをしていた。家畜の飼育といつか送り出す時の気持ち。いったいどんな風に折り合いをつけているんだろう。ワタシには動物と関わる一切の仕事ができそうにないと ... 続きを読む
テキサスロデオ(2)からのつづき
rodeo3-1



rodeo3-2



rodeo3-3



rodeo3-4



rodeo3-5



rodeo3-6



rodeo3-7
周りを見ると畜産農家のファミリーがそれぞれのブースで連れてきた牛の世話などをしていた。
家畜の飼育といつか送り出す時の気持ち。いったいどんな風に折り合いをつけているんだろう。
ワタシには動物と関わる一切の仕事ができそうにないというのは随分昔から分かっていた。
子供の頃から、ひとつひとつの命に自分の精神がぜんぶ無防備に持っていかれて本当にしんどい思いをしてきたからだ。

rodeo3-8
現地ではあまり正視できずサッと写真だけ撮って通り過ぎていたが
この記事を上げる前に拡大してよく見たらこの少年と牛との深い絆が分かる思い出の写真が何枚も貼ってあった。牛には名前もある。
でもペットじゃない。暖かい寝床で家族に見守られて寿命を全うすることはない。

他のブースにもそれぞれ牛と一緒に名前や受賞歴?資格証?などが誇らしげに展示されていた。

スーパーで冷たくなって売られてる肉は、それともたまのごちそうの高いステーキは、少し前まで誰かにとても大切に育てられて人と心を通わせた動物の体なのかもしれない。
今でも肉はおいしいと思うしベジタリアンにはなれそうにないが、あのスーパーで売っている切り身が木になる果実か何かだったらどんなにいいだろうと思うことはある。
するとそこで「植物だって命」と言う人もいるんだけど。そりゃ「生命」という意味で異論はないよ。けど捕食者を誘い込み敢えて食べられたり、株分けすることで子孫を拡散する手法を選んだ植物はやっぱり動物とは体に感じる痛みの度合いが全く違うから、これはまた話の次元が別になるんじゃないかなと思うんだ。

牛さんのお話は、これでおしまい。

「テキサスロデオ(終)」へつづく

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

 

テキサスロデオ(1)からのつづきロデオを初めて見に来たカイエ、ツレ氏の両親とおとうと氏。ロデオのショーが始まる前に巨大な屋内催事場にも入ったんだ。テキサスお土産品、カウボーイグッズ、オーダーメイドでウエスタンブーツを作る店、牛や羊の毛皮製品の店…を通り抜 ... 続きを読む
テキサスロデオ(1)からのつづき
ロデオを初めて見に来たカイエ、ツレ氏の両親とおとうと氏。
ロデオのショーが始まる前に巨大な屋内催事場にも入ったんだ。
テキサスお土産品、カウボーイグッズ、オーダーメイドでウエスタンブーツを作る店、牛や羊の毛皮製品の店…を通り抜けると生きている動物の展示場があった。

次々とふ化するヒヨコの様子が見れるコーナーとか小動物と触れ合うコーナー…家族連れでごった返しあちこちに長蛇の列ができている。その中で
rodeo2-5



rodeo2-1



rodeo2-2



rodeo2-3



rodeo2-6



rodeo2-8



rodeo2-4
(3)へつづく


rodeo2-7
この写真を撮ってたらワタシも触りたがってると思ったのかおとうと氏が促してきたんだ。そういうつもりはなかったんだが。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング


ずっとロディオだと思ってたけどRodeo-ロデオなのね(;・∀・)今知った。さてツレ氏はツレ氏の両親&おとうと氏の4人で行ってきた。はじめてのロデオ!!国家斉唱。屋内でバンバーン!と花火上げてね!お祈りもあったね。そして優勝者には多額の賞金が出る競技が始まった。こ ... 続きを読む
ずっとロディオだと思ってたけどRodeo-ロデオなのね(;・∀・)今知った。

さてツレ氏は
rodeo1-10
ツレ氏の両親&おとうと氏の4人で行ってきた。

はじめてのロデオ!!
rodeo1-7
国家斉唱。屋内でバンバーン!と花火上げてね!お祈りもあったね。

そして優勝者には多額の賞金が出る競技が始まった。
rodio1-1



rodeo1-2



rodio1-3



rodio1-4



rode1-5
この様子が次々と繰り広げられる。

この後は暴れ馬に乗って耐える競技、
ペアで仔牛を乗馬で追い一方が角に投げ縄をかけもう一方が脚に投げ縄をかけ転ばせて捕らえる競技、
乗馬で仔牛を負い馬から角めがけて飛び込み仔牛をなぎ倒して捕らえる競技、
暴れ牛(これは大型の牛)に乗って耐える競技…
乗るやつ(これぞロデオ?)もはっきり言って尋常じゃない牛馬の暴れ方。一体どうやってんだか(;'∀')
(競技終わればすぐ落ち着いて従順に帰っていく)

ツレ氏から電話が来た。
rode1-6
いやはや。明らかに牛さんたち、特に人間の腰の高さもない仔牛たちがバッタバッタなぎ倒されて気の毒なのにヤンヤヤンヤ喝采するアメリカ人たちのメンタルよ…。
まあカルチャーが違うしベジタリアンでもないワタシに何も言うことはアリマセン。
日本だとまず間違いなく「かわいそう」ってなるのでこれはウケませんわな…。

終わりの方に女子の部?でシンプルな馬術でスピードを競う競技…これが一番安心して楽しめた。
あと5、6歳の子供たちが走る羊に乗って耐える競技も、まあね…なんで羊が突然血相変えて走るのか知りませんけど。

最後はグレートマザーな名馬の紹介…24歳とかいう牝馬が登場し「その子供たちです!」「孫たちです!」と登場しそれらをみんなで称える謎の罪滅ぼし的?タイム( ̄▽ ̄;)
rodeo1-8

rodeo1-9

テキサスロデオ(2)へつづく

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング