蓼食う虫もテキサス

ワタシ主婦カイエ。夫ツレ氏、ペットねこちゃん。愛と白目とカルチャーショックのテキサス暮らし

タグ:事件

話は数年前に遡る。ガールズ(ツレ氏の娘たち)は二人とももう大学生だったかな。と、家族の前で言う長女タン。ワタシも昔はなんとなく死刑制度って良くないのかなあと考えていた。あるとき報道番組で光市母子殺害の犠牲者の夫本村洋さんが語るのを聞いて考えが一変してしま ... 続きを読む

話は数年前に遡る。

jiken1-1
ガールズ(ツレ氏の娘たち)は二人とももう大学生だったかな。


jiken1-2
と、家族の前で言う長女タン。


jiken1-3



jiken1-4

ワタシも昔はなんとなく死刑制度って良くないのかなあと考えていた。
あるとき報道番組で光市母子殺害の犠牲者の夫本村洋さんが語るのを聞いて考えが一変してしまった。
淡々と語る彼の口調から、あまりにも深い被害者の怒り悲しみ恨み口惜しさ後悔絶望が伝わって来た。圧倒された。当事者でない限りなんとなくとしかできない曖昧なイメージ、想像を絶していた。自分には簡単に賛成とか反対とかとても言うことはできないと悟った。
そんなようなことをこの時はガールズに話した。

jiken1-5

だからこそ日本で死刑判決が出ると「日本でまた死刑判決。感情的だ。時代に逆行している」と批判されるけれど。犠牲者、被害者の感情に鑑みないなら裁きとはなんなんだ?

jiken1-6 (1)

そして死刑求刑に向けて裁判が始まると聞いていた。

jiken1-7
 
後半へつづく



先日ブロガーきくこさんの「嫁撃(とつげき)★北フランス絵日記」(←クリックでトップページへ)の記事で共感したのでシェアさせてください。
totugeki
「京アニの火災事件を受けて~死刑制度のない国フランス~」

(↑クリックでこの日の記事へ)


北欧など長く死刑がない国では、凶悪な犯罪が起こってもまず国民にその発想がないため「死刑だ!」と騒ぐ人もおらず、死刑制度復活の議論もないらしい、という記事を見かけた。

上のきくこさんの記事中でリンクされているフランス在住の方のブログによれば、フランスでは凶悪犯罪を犯した人も獄中にいるものの人権は保障され結婚して家族を持つ自由さえある。半面、死刑制度復活を望む人が増えているいう話も。


ま、アメリカと日本もこれくらい考えの開きがあるしな~
以前怒りにまかせて描きなぐった過去記事
9c855369-s
「アタマ湧いてる」(2017年10月3日)



b3575eec-s
「正論と思ってきたことが通じない」(2017年10月5日)



誰かに撃たれるかもしれないとか刺されるかもしれないとか放火されるかもしれないとか。そんな命の危険を感じずに誰とでも仲良く穏やかに生きていきたいだけなのに!




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング