ネタバレを含みます。

557678E2-5474-458D-8225-24D810BC38A7
自分史上もっとも後味の悪い映画


00643D32-3E2D-4844-B46D-3BB43B7A17A4



F0BC1A91-4326-489F-AF6F-08936F60B12F



38843DBC-8B41-47C3-A32F-97EDD650DDF6



7E5FBA78-067B-4CF6-AECA-6A79290E29B6
達観。


97E713E6-B760-4032-AEFE-500A8764C6B0
マットディロンの次くらいに名前が出た


A3380D4E-25BD-4F77-B5BE-9F1410CC92D7

あはは。
ガッツリ出てたのに印象が違って彼女の出演シーンの間全然気づかなかった。


奇才と評されるトリアー監督。どんなギラついた人なのかと思ったらインタビュー映像では静かな声をつっかえながら話す穏やかそうなおじいさんだった。
この監督の元にはハリウッドの名立たる俳優たちが「低ギャラでもいいから出たい」と集まるのだそう。


ところで
始め「ジョン ウィック」を観てたんだが再生の調子が悪くて頻繁に暗転。10回くらい直した後いい加減観るのをあきらめたツレ氏が代わりに持ってきたのがこれ。
ジョンウィックは3まであるからどんなひどい目に遭っても絶対死なないし最後逆転優勝するはずなんで安心して観てたのに。
ディスク代える時この監督のだと知らされて構えて観たからまあ…
最後の最後で一気に串刺し的な犠牲者を出す寸前でこの監督特有の世界感に切り替わったのでそこはちょっと意外だったというか。


昨夜はランボーの一番最近のを観せられた。実はランボーシリーズ観るの初めて。
シンプルなストーリー、最後はガンガンに悪いやつを倒しまくるんだけどその分かり易さに感動(笑)


もうさー、
後味悪くてモヤモヤするとか浮かばれないとか救われないとか。
歳取ってきて現実世界で他人や自分にリアルに死も不運も起こるのを見てくると
なんでわざわざ娯楽で不快な気持ちにならないといけないのかと。


たまには「うーむ」って唸らされる問題作もいいよ。
それでも何かしらのカタルシスを求めてしまう。


そういえば若い時は絶叫マシーンとか好きだよね。
そういう時代はこういう映画面白く観たのかもなあ。
のちのリアル人生で絶叫とか絶望とかすんのになぁ。


そんなわけで。
そういうの平気と言うかむしろ好きな方。ツレ氏と気が合います。
「ラース フォン トリアー監督」の作品を当たってください。



予告編

ふーん日本語が乗っかるとなんか雰囲気違うなー。


途中まで観てたのはジョンウィック2




そういえば話題の韓国映画「パラサイト」も観たよ。
ツレ氏の娘たちも観たって。
韓国映画も痛いところを残酷にえぐるようなのも多いので構えてたけどこれはそういう種類ではなく、それでいていろいろ考えさせられた。

わんちゃんが出てくるけどご安心ください死にません。


好みは全く違うがたまにこちらの観たい映画に付き合ってくれることもある
a020abec-s
「ツレ氏と映画おまけ。そして母僕」


ワタシは嗜好に偏りがある人に絶賛されるマニアックなのじゃなくて普通に世間で評価されて売れてる映画が普通に好き。

だが「普通」とは
20fd2f7c-s
「ふつうに『普通に』って言っちゃうよね」



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング