今まで「日本語は難しそう」っていう人にはこう言っていた。

イラスト444
ひらがなカタカナ漢字3種類の文字使いこなすとかどんな芸当?
それにくらべれば会話なんて全然、ってね。

イラスト445
生徒は小学生兄弟


イラスト447
ぴき、ひき、びき…


イラスト447-1
ぽん、ほん、ぼん…(-_-)


イラスト446
直し魔と化してる自分もイヤ。

ひとりふたりとか
「し」って言ったり「よん」って言ったり
1台2台…1冊2冊…1個2個…1羽2羽…

なにそれ。
教わるほう「は?」ってなるじゃんどうしてくれんの。

複数形のsどころじゃなかった。

数関係は簡単な名詞と動詞をもっとおぼえてから徐々にやろうってことで
数助詞関連は当分やめだ!(文章に自然と潜り込ませる程度でやっていく)

いや
なんかさ
べつにさ
「さんひき」とか「はちひき」って言ったっていいかなとも思うんだけど。
今はただ自由に表現できる楽しさを感じてくれたらいいかなとも思うんだけど。
だけど
ワタシたちが小さい頃に聞いて話して、時々直されながら自然とおぼえたように、そこを妥協しちゃうと後で直す方が大変かなって思ったり。
でも
「後」なんて。彼らが大きくなって本格的に日本語を学ぶ時なんて、くるかもしんないし、こないかもしんないのにね。

葛藤渦巻くぅーー

外国語の男性女性中性名詞とか前置詞とか活用とか「死ぬほど難しいムリ」と思ってたけど
結局こういうことね。
小さい時からしぜーんと聞き慣れて、言い慣れて覚えただけよね。
日本語も同じように難しンだわスミマセン…

この子たちが「遊び半分で楽しくやってたら話せるようになった」っていうのを理想にして頑張る。


(過去記事)
520e0b84-s
「日本語家庭教師のはなし」



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

更新通知が届く読者登録もぜひどうぞ☆彡