数日前の記事で書いてしまった「ご飯とオーツを1:1で食べたら」という記事は誤りでした。
その記事に興味を持ちオートミールを購入してしまった読者さんがいらっしゃったようであります。誠に申し訳ありません。
お詫びに

「ワタシも同じ物買って実際にご飯と炊いてみた」実験!
写真983
こちら。「ロールドオーツ(オーツの押し麦)」

まず米を先に研いでからオーツを投入するつもりが間違えて同時に入れてしまったので一緒に研ぐ…
研いでる先からオーツが溶け出す。悪い予感しかない。
写真984

米1合、オーツ1合で若干水を少なめにして炊飯。

イラスト425



写真985

動揺して指写り込む

イラスト426

オーツはグズグズのオートミールと化しべっちゃべちゃの団子状の粥にしかならんかった。
味が濃いめの塩豚の角煮風と一緒に食す。
写真986

悔しいのでその「粥」をタッパーに移し冷蔵庫に保管するとすぐさま釜を洗い実験やり直し。
今度は米1合を先に研ぎオーツ1合を足し、水は1、5合分の目盛り(少な目)入れ直ちににゴー。
写真987


できた
写真988



写真989
固炊きご飯が弾力ある粒感を残してくれたおかげで何とか食べられる。
だがオーツはボロボロ。
プリプリでもモチモチでもない。

結論
イラスト424

その後
数時間の保温放置を経たらベチャ感はバラけ、どうにかご飯らしくはなった。
不味くはないけど大麦入りご飯のようなプチプチした食感の楽しさは無い。

オートミールはやっぱりオートミールとして食べるかお菓子作りなどに混ぜて利用するのが吉。

それでもどうしてもご飯と一緒に食べてみようという方は。2合なら水は1.5合の目盛り、3合炊くなら2合の目盛りを目安に。つまり大幅に水を減らす
オートミールご飯のレシピで「水は多めに」と書かれているものがありますが
あれは嘘です。
(まあウソ呼ばわりして語弊あるなら「間違い」ね)



ところでどうして連続炊きまでしてご飯を用意したかというと。
この日はずっと試したかったこのメニュー

「なま重」にふさわしいご飯が必要だったのだ。
(最初っから普通にご飯を炊きましょう)

次回予告
近頃Twitter上でちょいちょい食テロをかます「ずかしさん」のレシピ
これ、作りました↓


検証
「鰻はナマズの代用でしかなかった」は本当か

次回は↑こちらクリック



今回の麦ごはん実験の発端となったエピソードはこちら
イラスト390-1
「麦ごはん 朗報と悲報」


上のつづき記事↓
イラスト395
「訂正と麦ごはんとオートミール、やっぱり悲報?」




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

更新するとお知らせが届く読者登録もぜひ☆彡