前回(1)はこちら

昔の話に遡る。

ツレ氏の家族関連の写真がゴッソリとってある。
これは15年前の写真。
birth1-1



birth1-2




birth1-3

一緒にニコニコ写っとるよ。

birth1-4

一度お義母さんに聞いたさ。
「これ、どーだったんすか」と。
 
モトヨメ氏はある日子供たちと一緒にいきなり消えて、その後の幾度の裁判を経て、
サッサと次の相手と結婚したのだ。
そんな元嫁&その再婚相手の家族とニコニコ会食でっせ。


義母「私達も嫌だったけど…
次女タンがしたいっていうから」

結局、その後も「そんなん嫌や」って声を上げる人が一人もいなかったため、
こんにちワタシもその複雑な家庭の行事に毎度巻き込まれるのである。
やさしい世界()

離婚はしても、子供がいる以上付き合いはずっと続く
特におめでたいイベントなどではほぼ必ず離婚相手やその親族と必ず顔を合わさねばならない。
まるでカジュアルな拷問や~☆彡

ちなみにモトヨメ氏とその再婚相手とは、さらに2人娘を産むが10年後離婚。
そして「元夫」となってしまった彼の父親は、近年奥さんを病気で亡くすが現在30代後半のガールフレンドがいるらしい。(ちなみにこの父さん金持ち)

でもこの2番目の夫ファミリー、今回の長女タンの卒業式には来ないって。
さすがにお役目はもう十分果たした…ってことかな。
連れ子だったガールズのことも一緒に育ててきたのに、また出て行っちゃうんだもんなあ。
うん、十分やったと思うよ、お疲れさまでした。
(次会うのは結婚式とかですかねぇ~…)

(3)「アメリカのホームパーティを見てみよう」へつづく


(過去記事)ツレ氏とモトヨメ氏の離婚の経緯をささっと描いた回はこちら
737c3f0e-s
「この際だから元妻について1」(2017年1月7日)

子供を連れて突然姿をくらますとアメリカでは誘拐になるはず。
なのでよっぽどうまくやったんだと思う。



欧米の離婚率は高い。
よほど離婚が簡単なのかと思われるかもしれないが、役所に紙切れを提出したら終わり、ではない。何度も裁判所に出廷していろいろゴチャゴチャやって成立する(らしい。ツレ氏のケースしか知らんけど)

それでも懲りずにまた結婚し、また離婚し、また結婚したりするんだね!

たくましいよね!


(過去記事)何度目かの結婚をする人たちの結婚式に呼ばれた話
5ee6aa52-s
「邪念渦巻くワタシを許して」(2018年10月1日)



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング