新居の浴室ネタもうひとつ

bath1-1
 使った後乾ききる前に必ず。


bath1-2
↑旧居。このシャワールームのタイルは汚れが目立たない素材だったのでガラスだけ拭けばよかった。


bath1-3
ガラスの扉ではなくシャワーカーテンだったのでいちいち拭かなくてよかったから。


bath1-4



bath1-5



bath1-6

見栄えは良くても手入れが嫌でほとんど使うことのなかった(ワタシだけ毎日使っていた)旧居主寝室のシャワーの教訓がまったく次に生かされなかった。

ツレ氏はほぼ毎日通うジムのシャワーを主に使っているが、それでも時々家のシャワーを使わないといけないときはわざわざ他の部屋のカーテン式の風呂を使っている。
それかワタシが直後に使うかどうか確認してから使うとかね。掃除頼めるから。

ということで現在新居でも主寝室の浴室使うのワタシだけ状態。
せっかくの…ほんと解せん…。


しかもシャワー室に関して言えば
いろんな部分が見た目重視で使い心地や手入れの事を全く考えていない造りなので、ワタシは諸手を挙げて褒めたことがない。
その他家中のことに関しても「でも使えるしいいや」という妥協の渦の中で暮らすワタシに、「オマエは新居の事何にも褒めてくれないよな」と言う。
床の色や家具のひとつ、カーテンの色さえも選ばせてもらえなかったのに黙って暮らしてるこっちのほうを褒めてくれや。


やんわりと「シンクは大きのがひとつ!の夢」へつづく


(過去記事) この時の記事はこちら↓
21bc8fd4-s
「裸族」(2014年11月12日)


先日の関連記事 ↓
mizu1-7
「あのアレは今 カルシウム曇りだらけの浴室」

まあ水が気持ち悪いと騒がなくなったのはありがたい。



いつも応援ありがとうございます。
「なんでさらに面倒な素材選ぶかな!」
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

「いいからオレのドリームハウスを褒めろカイエ~~」

絵日記ランキング