「おせちを食べた外国人夫の感想」に反響をたくさんいただきました。
ありがとう~!

ワタシが意地になっておせちを作って食べるようになったのかには実はきっかけがある。

もう何年も前。
まだブログもやってない、髪も長かった頃、すでにテキサス在住。

高級料亭の料理教室へ通ったことがある友人宅で日本人友達だけの新年会があり、正月料理をごちそうになった。

きれいに飾られた食卓、見事に盛り付けられたおせちや正月のごちそう。さすが。

「おせちね~、そんな好きじゃないけど一口ずつは食べないとね~」という軽い気持ちでつついた…

newyear195-1
全部だ。全部おいしかった。特に衝撃だったのが黒豆。


newyear195-3
こんなことが自分の身の上に起こるなんて。

ふっくら大粒。しわのない漆黒の黒豆。
そして絶妙なやさしい甘さ。ずっと食べていたい!
あの、甘~ったる~くて2粒でギブアップするアレとは全く別物だよ!!
こ、これどうやって作るのーッ!!??

「お料理教室のレシピはな、教えられへんねん。
以前生徒の一人がネットで公開して、先生は大激怒。
うちは先生のことを裏切られへん。ごめんな」
ということで入会費と月謝が何万円もする教室のレシピは非公開。
そりゃそうか。(ワタシのように黙ってられない人がいるからな!)

でもあの美味しさがあきらめられないワタシは工夫して立ち向かう。

newyear195-2

「茹で汁は一回全部捨てるねん」とも言っていたがそれをやったら色がガタっと落ちてしまい。
以来茹で汁は替えない方式で(^^;)

普通のレシピってね、250gの豆に砂糖200gとかそれ以上だよ!多すぎ(><)
今年のワタシの配分は…(もう1回載せます)

黒豆 400g
水 1.5ℓ(足りなくなるので後で増やす)
砂糖 150g
塩 小さじ1
醤油 大さじ1
ベーキングソーダ(重曹)小さじ1
錆び釘数本(木綿の袋が無ければコーヒーフィルターかお茶用パックに入れる)

炊き方は土井勝さんのレシピに沿う。
(クリックすると土井善晴さんが出てくるけど。多分父上のレシピだよね?)

これでだいぶ好みの薄い甘さに近づいた!
あとは豆が…今年は一昨年かもっと前の古い中国産だったので_| ̄|○
次の年末には丹波篠山の豆を取り寄せようと思う。

ワタシが買っていたお店は
たんばる
でした。
(↑今シーズンの黒豆は販売終了)

そんな好きなら来年まで待たずに作ったらって思う?

newyear195-4
 
やっぱりお祝いの食事は特別な気持ちで食べたいの♡


そういえばこの友人宅の新年会、「リモンチェッロ」がウェルカムドリンクだった。
これも初めて飲んで衝撃で。
のちに家のレモンで作ったのも、彼女の影響。


過去記事。これまだ冷凍庫に入ってる(^^;) 新居に一緒に引越してきた。
dc64b5cc-s
「リモンチェッロ 砂糖の量の迫力に屈した」(2016年8月12日)

こんなに大量なのに、味はやっぱり甘さが足りなかった(^^;)


そういえばこの人と同一人物。本人が読んだらバレちゃうわぁ(笑)
dadd2a71-s
「買い物裏ワザ(ホントならすごい)」(2017年12月7日)



もしも
ツレ氏もこの新年会に同席していたらその後の食の好みも違っていたかもしれないって思う。


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング