「悪魔の」と冠したメニュー。
それは健康と引き換えにしてでも食べたいと思わせるようなスイーツなどの代名詞。
ワタシもこれまで幾度悪魔と取引をしてきたことか…
そんなある日友人からテキストメールが。

「悪魔のおにぎり」なるレシピ記事のリンク。
引越し作業で米も炊飯器も新居に移して久しかったので、おにぎりの写真はまぶしすぎた。

そして…遂に実食の日を迎える。

onigiri1-1

悪魔のおにぎりレシピ :
ごはん 適宜
めんつゆ  お好みの量。ごはんがうっすら茶色く色づくくらいがおいしい。
天かす 適宜
青のり 適宜


テキトーか。きちんと計量して作りたい人は「悪魔のおにぎり 南極」で検索してください。
(もしかして日本で有名?)

でもねえ天かすはわざわざ作るのも買いに行くのもめんどくさいよねえ。
要するに油分だよね!
てことで天かす無し、サラダ油適宜。
onigiri 1-5
この日のお昼。ゆで卵むくのが下手なのは仕様です(ワタシの)

おいしかったよ!マヨネーズでもやってみた。ちょっと入れすぎてくどくなっちゃったけどマヨもいける。次はごま油でやるだろう。…天かすの出番がないが、入ってるとまた別のコクと香ばしさがあるんだろう。

でも「悪魔」と呼ぶには…??なんていうか。具材がそれほど悪魔的じゃないよね。
結局「塩分・糖分、そして油分を味わう」のは人類が熱狂してやまない最高の味付けなのだと再認識した。このおにぎりにはそこに出汁も効いてる、おいしいものだけでできているんだから当然だ。
などなど
「悪魔のおにぎり」のレビューを考えていたらほかのおにぎりの思い出が浮かんできた。

onigiri1-2



onigiri1-3



onigiri1-4
(ハマるとそればっかりになるのは昔から)
おにぎりってご飯を茶碗によそって食べるよりもたくさん食べちゃうし、食器も余計に汚れるし手間もかかるんだけどしばらくやみつきになって食べていた。
おにぎりよ、おまえこそが悪魔なのか…

つまり何が言いたいかというと
甘味もダシも効いてなくても塩気だけでご飯のでんぷんの甘味が際立つ
日本のご飯の最強さよ。

カーブコントロールダイエットも流行ったけど。
食べすぎたら体に悪いけど。
おいしい食べ方無限、ご飯サイコー。

や、誰でも知ってるって?
当たり前のこと叫んでごめん!
ご飯さいこう。

今日のねこちゃん
onigiri 1-6
新しい景色も好きになってね。

まあご飯は最高だけど常に新パン焼き機の導入チャンスをうかがっている。モチもうどんも打てる機種。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング