kurigohan1-1
超人気ブログで紹介されてたレシピ。味の想像つかないよね!


kurigohan1-2
ブログで紹介されてたレシピとちょっと違う材料入れてる。
水多めで。3合近くまで入れてちょうどよかった。

kurigohan1-3



kurigohan1-4
これずいぶん前に地方巡業の時来場者に配られたお土産。朝青龍が好きだった。白鵬も安馬も好きだった。残念だ。


kurigohan1-5



kurigohan1-6
おかわりはする。


kurigohan1-7

残念だーー!

kurigohan1-8
1缶のサイズが一番小さい3個パックを買ったんだけど。
2合も炊いたのにどうしてくれるんだ(ツレ氏はご飯モノには興味を示さない)

しかしぽん酢で炊くと一体どうなるのか興味津々だったが、検索したらTVでタレントが絶賛したらしくちょっと知られた調理法なのね。
栗は合わなかったけどぽん酢の酸味とツナの組み合わせにはポテンシャルを感じた!
ショウガ、酒、ゴマ…あたりかな?もう少し工夫することでもっと美味しくなる気がする。ぽん酢もアメリカに来て初めてこの炊き込みご飯のために買ったことだしちょっと研究してみたい。栗入りのを食べ終わったら。
レシピ完成の暁にはここで報告する。(と言いつつそれっきりなテーマが今までいっぱい溜まってる)

ということで
北米にお住いの奥さま。ツナ缶入りぽん酢栗ごはんを作ってみようとお思いの方は日本のシーチキンを使った方がいいかもしれません。(近くには売ってなくて自分は試してないけど)


kurigohan1-9
ところで「シーチキン」ってヘンな日本語英語かなって思ってた。
実はアメリカにもあったシーチキン!今日ツナ缶を選んでて目に留まったのだ。
「Chicken of the Sea  チキン オブザ シー」だってー。

ていうか魚に「チキン」のイメージを植え付けたほうがとっつきがいいのか…

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング