gun2-1

gun2-2

gun2-3

gun1-1

gun2-4

gun2-5

gun2-6

gun2-7
「こっちが悲しいわ!」

ホストファミリーには2年前、銃乱射のニュースを見ながら「銃規制が必要だと思う」と言ったら「ノー、悪い奴は違法でいくらでも銃を買うもの」と返された。「いやいや、日本を見てよ。日本だって狩猟する人もいるけど銃犯罪なんてほとんどないよ」と言ったが「カルチャーが違うし規制しても効かないし」というような普通の返事が返ってきた。本気でどうにかしようという気はないんだと分かったので議論にならないうちに口をつぐんだ。

アメリカで銃による死亡者は毎年4万人くらいいるそうだ。うち自殺が大きな割合を占めるらしく、自殺者はカウントすべきではないという見方もあるが、「ハァ?」である。
突発的に自分の命も粗末にするような人間が、思い立った時にパッと手にすることができる距離に銃があるということだ。

本気の、なんならファシスト的な、徹底的な刀狩り(銃規制)を施行すれば効果が出るのは明らかなのに。こんなのは数と確率の単純な理論だ。
例えばかつて危険地帯だったニューヨークをジュリアーニ市長が徹底的に取り締まり、今では観光客が夜更けまで遊んでいられるような安全な街になったように。(近年はテロの心配が発生しているが。。)
犯罪をゼロにすることはできない。
でも徹底的に取り締まれば必ず絶大な効果が出る。
アメリカ国民はこの連鎖を断ち切る道があるのに、どうして選択しようとしないのだろう。

無残に殺されても霊魂は神様と一緒に安らかなところにいるとか。もしそれが真実として証明されれば死後の安寧を願えば少しは気がおさまるだろう。
でも今のところそれを裏付ける証拠はない。死亡した人間の五感は失われているので苦痛はないだろう、くらいのことだ。

愛する家族の人生の最期の記憶が、ショック、恐怖、息もできない体の痛みと絶望だったこと。
それは事実だ。


遺族にとっては突然変わり果てた姿になった家族の記憶とともに、この先一生その人のいない人生を生きていくこと。
それは事実だ。


アメリカはキリスト教徒の国。
祈りを捧げることで「とても悲しい。でも彼(彼女)は天国に召されたから、まあいいよね」
と、そこで終わりにしてないか??

うがった見方を承知で言うが、キリスト教の考え方がその「銃の犠牲者は時々出る。けど仕方ないよね」の手助けをしてるんじゃないか?
「銃が人を殺すんじゃない。人の選択が人を殺すんだ。神がわざと手の届く所に知恵の実を用意したように」みたいな。その考え方を巧みに利用されてないか…銃や武器を売っておいしいごはんを食べている連中に。

ニュースで銃規制に関する話題はしきりにのぼるが、今回どこまで踏み込んで行けるだろう。世論は動くか。現大統領はほとぼりが冷めるまでヒーローを称えたり犠牲者をいたわる耳ざわりのいいスピーチを続けて乗り切るつもりか。。


長文失礼しました。ここ数日頭が沸騰してます。そろそろ面白おかしいネタに戻ろうと思います。
付き合ってくださり感謝します。
愚痴ばかり吐いて何もしないワタシも無力。
厳しいコメントも歓迎です。勉強させてもらいます。

いつも応援ありがとうございます。
日本はすばらしいです。長い歴史と、今生きている人々全員がその世界一の治安を支えているのです。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキング