そもそも始まってすぐ泥棒シリーズに話が及んだ庭にまつわるエピソード、
ようやく時間軸がスタート地点に戻る。はじまりはこちら


niwajijou5-1
 


niwajijou5-2
なぜ断る
自分の物でもなんでも人に躊躇せず「持ってきて」と言うツレ氏がいそいそ何かを取り行ったり用意してくれるときというのは、100パー相手の気をそらせたい何らかの理由がある時だ。

niwajijou5-3

実際枝切りハサミとこのノコの併用でまあまあよくはかどった。

niwajijou5-4


参考までに、わが家の第1伏魔殿(第8くらいまである)である車庫の写真を添付。
niwajijou5-6
放置されホコリをかぶる機材たち。真ん中がチェーンソー。わりと軽い。本来上のカセット式バッテリーをはめればいつでもコードフリーで動く優れモノ…と推測するが、以前一人でコッソリ試したときはウンともスンとも言わないので壊れてると思い込んでいた。
ところがお義父さんがやってくれたときはコードを長くつないで使っていたのだ!その手があった!?

さあ

実は今朝からツレ氏は出張だ。1週間の留守。

ワタシは前々からこの時を待っていた。。

高温の日と雨の繰り返しで早い木はもう芽吹いている。自宅の庭が「TVに出てくるゴミ屋敷かな?」状態なのはもう仕方がないが(←)隣家を侵食する枝を少しでも減らしたいのだ。

やるなら今しかない‼‼

niwajijou5-5

ご愛読ありがとうございました。


とかいって

後日談はこちら「戦士には休息が以下略」

 
いつも応援ありがとうございます。がんばります。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村
 
絵日記ランキングへ