蓼食う虫もテキサス

ワタシ主婦カイエ。夫ツレ氏、ペットねこちゃん。愛と白目とカルチャーショックのテキサス暮らし

2016年05月

4月に日本へ帰省したワタクシ カイエのエピソード。去年行ったお店はなくなっていたので、 今度は大型スーパー内にある千円カットのお店を見つけて行ってきた。過去の関連記事: 「帰国中にすべきこと ヘアカット1」         「帰国中にすべきこと ヘアカット2」   ... 続きを読む

4月に日本へ帰省したワタクシ カイエのエピソード。

去年行ったお店はなくなっていたので、 今度は大型スーパー内にある千円カットのお店を見つけて行ってきた。

過去の関連記事: 「帰国中にすべきこと ヘアカット1」
         「帰国中にすべきこと ヘアカット2」
         「帰国1日目」

1000yencut1-1
 

1000yencut1-2
 
今思えば「ショートボブ」と言えばよかったのか

1000yencut1-3


1000yencut1-4


1000yencut1-5

鏡越しに会話する二人。


1000yencut1-6
(一応15分ルールらしい)

「あっこいつはアカンやつや」と冷たくあしらわなかった優しいお兄さまありがとう。

1000yencut1-7
アラフォー節子大成功



翌日

1000yencut1-8

ウルトラの父にも負けない反りっかえり!

伸びてその重さでだらっと下がってた髪が、軽くなったおかげで上がる上がる。


若い頃は長くストパ(縮毛矯正)かけてた時期もあったのだが、今は数週に1度の白髪染め(!)で頭皮を痛めつけてるのでこれ以上何かやったら髪がなくなりそう。

ということで究極の選択として、薄毛覚悟のサラツヤストパーの追加はあきらめ、白髪は染めつつ「ウネウネピンピン剛毛状態」に甘んじているのだ。
 

しかしなんかこう…

もう全然、高い所(普通の美容院)へ行く気がしません…

こうして日本のデフレが進んでゆくのだろうか。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ



 

4月に日本へ里帰りしていたときの出来事居合わせた人と会話を交わすのがこの温泉のマナーらしい。カイエが入浴するときは一人の常連さんが入っていた。  こんなにざっくり上に見積もられたのは初めてさすがに多く見積もりすぎたと思ったのか もちろんワタシ否定も訂正もせ ... 続きを読む

4月に日本へ里帰りしていたときの出来事


onsen1-1

居合わせた人と会話を交わすのがこの温泉のマナーらしい。
カイエが入浴するときは一人の常連さんが入っていた。

onsen1-2

 
onsen1-3
 

onsen1-4


onsen1-5

こんなにざっくり上に見積もられたのは初めて

onsen1-6

さすがに多く見積もりすぎたと思ったのか

onsen1-10
 

onsen1-7

もちろんワタシ否定も訂正もせず、二回とも「そうですねー」とニッコリ返しましたとも。


二回も!!!(泣)


そうか。そうなのか…そうなんだな。。。(悟る)



onsen1-8
 
思わず話してるのを遮って入るほど驚いた。

この方、話し方、目の動き表情のスピード、どれも90代の老人のもではなかった。
だからって「70代くらいかと思いましたー!」とは言わなかったよ。。70代に見えると言われてうれしい女性もいないだろうからね。


onsen1-9
つーても十分ガチ中年年齢ですけどね( ´,_ゝ`)

weight
 去年日本の妹から誕生日プレゼントに贈られた体重計。ありがとう。


(それ以降また年齢が上がって戻らないが)



ちなみに
温泉効果のせいか衣服のせいか、みなさん体はツヤツヤなのに顔はそれなりにおばあさんだったりします。
なんというか…やっぱ紫外線にさらされたかどうかでこんなに違う!?90になると差が出る!?
とか考えさせられました。


90にもなったらそんなん気にしないって?いやいやいや…
アラ百女子たち、湯船で腕などを見せ合って「アンタきれいねー私なんてホラこんなシミ出てきてさ」とかやってましたよ!!
(あとから90代後半の女性も入ってきて、上の92歳の女性は常連メンバーの中でも一番若いようだった)


地元の友達も「昔からあることは知ってたけどあやしくて入ったことがない」という温泉。もはや秘湯の域。
そういうところ、みなさんの地域にもきっとあるはず。積極的に行ってみることをおすすめします!

未知の世界が待っています。

次回帰省の際もまた行こうと決めました。 きっとまた元気に同じメンバーと会えるはず。


いつも応援ありがとうございます。
  にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ




台湾旅行シリーズ最終回。さあ、じゃあ結局どーだったの台北!! 何が良くて、何がおいしかったの!!ということでここにまとめます。帰国前日一行は士林(シーリン)夜市へ。夕方から、原宿竹下通り並みに混んでいる。食事の屋台がひしめく一画は今地下になっていて、3人は ... 続きを読む
台湾旅行シリーズ最終回。

さあ、じゃあ結局どーだったの台北!! 何が良くて、何がおいしかったの!!


ということでここにまとめます。


帰国前日一行は士林(シーリン)夜市へ。
夕方から、原宿竹下通り並みに混んでいる。
食事の屋台がひしめく一画は今地下になっていて、3人はそこで軽食を済ます。そして


B級グルメとしてツアーガイドで紹介されている胡椒餅(こしょうもち)の屋台を発見。何気に探してたのよねー!しかし
taipei5-1
20人以上の長い行列が仕込みをじーっと待っている。
とても並ぶ気にならず、他にも無いのか周ることにした。両親とはここで解散。

しかしどうもここ1店舗だけらしい。ズラリ続く屋台を眺めながら3巡目か4巡目くらいしてまた通りかかると
taipei5-2


taipei5-3

これはおしいい、おすすめです!
でも何十分も待つのはちょっと、、ラッキーと健闘を祈る! 

 
シーリンでは豆腐のデザートも親子でシェアして食べました。シロップをかけたフツーの豆腐にお好みの具(タピオカ、小豆、フルーツなど)3種類トッピングしてもらう。あっさり素朴で美味しいデザート。


大粒の黒タピオカ入りミルクティーも試すべし(アメリカにもたまにあるから日本にもあるのかな?)
tapioka
オーダーのとき甘さを4段階くらいに調節できるお店もありますが、50%未満だと微糖過ぎて微妙(笑)
そこそこ甘めのほうがおいしい。

フルーツたっぷりボリューム満点のかき氷も台湾名物らしいですが、ワタシたちが滞在してる間は半袖だとやや肌寒いほどの気温だったので食べず。蒸し暑ーい時期だったら美味しいでしょうね~


そう 気温といえば
taipei5-5
(ちなみにワタシはすごい雨女ということも加味したほうがいいです)

この胡椒餅の後、マッサージ屋へ寄りコッテリ施術されているうちに土砂降り。シーリンで両親と別れるときは降ってなかったので傘を受け取り忘れてしまったのでした。

台湾情報を検索してるうちに台湾在住の人の書き込みがあったんですが
「台湾はとにかく雨」
は本当だな~と。九份(ジウフェン)行った日もザーザーだったし。雨季はまだのはずだったが。



そしてその記事を書いた人が言うには
「よく名物に旨い物なしなどというが、台湾はその逆で、定番と言われる所ほど間違いない」と。
その一言でワタシはココに決めたね↓

小籠包の鼎泰豊(ディンタイフォン)本店ですよ!
dintaifon

現地の人にも旅行者にも人気のお店。平日の開店ちょっと前くらいに着くように向かえば待たずに座れるはず。

ウェイトレスさんたちの対応も感じよく、全部おいしかった。

そして試食がなかったけどお土産用に思い切って買った鼎泰豊の食べるラー油(という名前じゃなかったが具入りと具入りじゃないラー油の2種類があったので、具入りを購入)が大正解!辛すぎず香り豊か、餃子はもちろん炒め物やアジア系の料理のスパイスに。

定番のお店の実力を見たね!


定番と言えば
taipei5-4

台湾大好きの人による「間違いない」というレストランへ行ってみるとまさかの(?)高級レストランだった。。。

落ち着いた店内、シュッとした店員さんたちによるスマートな振る舞いにビビる庶民(←自分だけかもしんない)

ここぞとばかり高級食材を中心に頼んでみたが、普段食べないのでどれくらい美味しいのかありがたみがよくわからないという残念さ(爆)

非日常というかちょっぴりセレブな気分になれたひとときでありました。


今回格安ツアーだからこそワタシのお小遣いでも手配できた旅行でしたが、母が「台湾よかったね。台湾ならまた来てもいいわ」と言ってくれて嬉しかったです。
大成功~(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

ウン、ワタシもまた行きタイワン!!ありがとう台湾・台北、いつかまた!



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキングへ



足裏マッサージで有名な台北。マッサージ中毒&揉み屋ジプシーのカイエは旅行前にネットでマッサージ関連をくまなく検索しているうちに見つけた「無針鍼治療」(むしんしん…?何て読むんだろう)なるものを見つけ、予約して体験。脳内再生ビジョンがまさにこれ人によって痛 ... 続きを読む
足裏マッサージで有名な台北。マッサージ中毒&揉み屋ジプシーのカイエは旅行前にネットでマッサージ関連をくまなく検索しているうちに見つけた「無針鍼治療」(むしんしん…?何て読むんだろう)なるものを見つけ、予約して体験。



taipei4-1


taipei4-2
脳内再生ビジョンがまさにこれ

taipei4-3


taipei4-4
人によって痛い所は違うらしい。センセイ曰く「悪い所が痛い」そうで。ワタシの場合最凶に痛かったのが首ウラ!

しかし…
taipei4-5
先生の手による整体マッサージはやわらかくて的確、寝落ち寸前に気持ちよかったのでつい。。



終わってボヤ~~っとしたところに「ハイ、楽になったでしょう?」と言われて「へぇっ?」と我に返る。たしかに首をぐるんぐるん回したときにキリッとつっかえる感じは無くなっている。

翌日もほぼ同じ施術だったが前日ほどの「ガチ・ハチ刺され感」ではなかった。



鍼治療は普通細ーい糸のような鍼をトントンと刺す。それは全く痛くない。
ここは鍼は刺さず、電気の通った”マイクや楽器のプラグの小さい版”みたいな器具を皮膚に当てていくというやり方。

しかしそれが… 

「ほんっとーーーに皮膚破ってない!?すんごいアザできてんじゃないの!?」

という、痛いポイントにヒットするとブルブル震えてしまうほど。自分の場合(汗)
ちなみにワタシの場合はまったくアトやあざはありませんでした。


後日日本に帰って行きつけの整体でその電気鍼の体験を話すと「痛いと感じるほどなのは良くないんですけどねえ」とのこと。まあ代替医療モノにはいろんな見解がありますからな。


とりあえずしばらくは首回りのコリ感から解放されたのは確か。ありがとう先生。


さてこの療法院。あえてリンクはつけませんが台北旅行の情報源「台北ナビ」などでも紹介されているので興味がある人は検索すれば簡単に見つけられるでしょう。日本語OKの女性の療法師さん。電話で予約をしたほうがいいです。
taipei4-6
ちょっとアヤシイ?w
特に最初の日は暗くなって雨も降りだし。。場所が分かりづらく2度も人に聞いてようやくたどり着きました。呼び鈴でマンション入口のロックを解除してもらいます。



他にも宿泊先付近の雙城街市場にある足裏マッサージ店3軒飛び込みで行きましたが…まあ、どこもごく「普通」でした。値段も日本に比べて格段に安くもなく。それだったら上の鍼灸院に通うほうがよかったです。(3泊4日ツアーなのに足裏マッサージ&この療法院で合わせて5回施術を受けたという。どんだけ。)

 
 
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ



 
 

日本帰省中に、両親と台湾旅行へ行ったカイエ。外国旅行へ行ったなら、やはりその国ならではのものを食べなければ。離れた所まで異臭を放つ!あの名物に挑戦。    およそ人間の食べ物とは思えない噂通りのすごい臭いを放つ臭豆腐!!観光客の若いアジア人の女の子も顔を ... 続きを読む
日本帰省中に、両親と台湾旅行へ行ったカイエ。

外国旅行へ行ったなら、やはりその国ならではのものを食べなければ。

離れた所まで異臭を放つ!あの名物に挑戦。

 
taipei3-1
 

taipei3-2
 

taipei3-3
 

taipei3-4


およそ人間の食べ物とは思えない噂通りのすごい臭いを放つ臭豆腐!!


IMG_2830

観光客の若いアジア人の女の子も顔をしかめて屋台の横を通り過ぎる。

豆腐の上にヒラヒラしてる白いものはキャベツだった。
そしてカレー粉のようなスパイスが振りかけられている。

さてそのお味は。



taipei3-7
 

taipei3-5



taipei3-6


なんか…味噌ダレを付けた厚揚げというか?分厚い油揚げのような??そんな味。タレやスパイスもそんな辛いというわけでもなく。

あのキョーレツな臭いから察するに、相当美味しいか、ふたクチと食べられないほど不味いかのどっちかだと思ったんだけどなー

ドリアンは一口食べると食べてる本人にはあの臭いが不思議としなくなる。だがしかし臭豆腐はそうはいかない。揚げ豆腐のような平凡な味に尋常でないクサさは最後までついてまわり、食後も「自分の口の周りや息が臭ってるんじゃないか」と心配になるほど。


実際あの臭いのモトは豆腐からなのか?タレからなのか?味はべつに悪くないけど、なにもあんな臭いさせなくても、、、だったら最初から普通の厚揚げを食べようよ。。というのが正直な感想。



そして「台湾ソーセージ」を求めて屋台を進むとこんな看板が。

IMG_2831

おっイモトさん撮影で来たんだ。じゃ記念にここで~。

IMG_2832

おカアさんそのまんまのイメージでがんばってるね。


これも…普通においしかったです。ソーセージは甘味があって特にクセもなく。
もち米のソーセージに挟んでホットドッグみたいにする食べ方があるらしらしいんだけど、次に機会があったらそれやってみたいな。
ごちそうさまでした。


今日の記事の2軒のお店は九份(ジュウフェン)に行った時のものです。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ


 

治安の良さでも知られる台湾。でもこのことは一体どう解釈したら・・?台湾旅行へ行ったワタクシ-カイエと両親。両替手数料がタダといううわさを聞いて、台北市内の台湾銀行へ行ったときのこと。 辺りに持ち主らしき人が戻る気配がないのをみて、銀行の人に伝えた。えーっ ... 続きを読む
治安の良さでも知られる台湾。でもこのことは一体どう解釈したら・・?


台湾旅行へ行ったワタクシ-カイエと両親。
両替手数料がタダといううわさを聞いて、台北市内の台湾銀行へ行ったときのこと。

taipei2-1
 

辺りに持ち主らしき人が戻る気配がないのをみて、銀行の人に伝えた。


taipei2-2


taipei2-3


taipei2-4

えーっと

taipei2-5


「置いて行った人の自己責任」ということで放置なんだろうか。そして多分持ち主がちゃんと取りに戻るだろうから大丈夫ということ??

ちなみにきれいな青色のブランド物バッグのようだった。


もしも銀行が気を利かせて預かっても後で

taipei2-6

 こんなトラブルを防止するためなんだろうか??


これが日本や欧米なんかだと盗難・置き引きの心配の他に「故意に置かれた危険物」の可能性もゼロではないのでおそらく放置されることはない思うのだが…


ところで
台湾銀行なら両替手数料がタダ!という情報を見聞きしたのでわざわざ行ったのですが、番号札を取って待つ間ダルいなー思ってるうちに(この時にその置き忘れ?バッグを見つけたのでした)自動両替機を見つけ、それでキャッシング。結局お得だったのかどうなのか不明(^^;


 
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ

 

テキサスから日本へ帰省していた間の出来事を挙げていきまーす。まずは台湾旅行編。 3泊4日、航空券、宿泊費、空港送迎込みで1人29,800円のフリーツアー!!やっす!!念願の初台湾旅行でしたー。そして長ったらしい言い訳すんませんガイドブックによると流せない理由の一 ... 続きを読む
テキサスから日本へ帰省していた間の出来事を挙げていきまーす。
まずは台湾旅行編。


 taipei1-1

3泊4日、航空券、宿泊費、空港送迎込みで1人29,800円のフリーツアー!!やっす!!

念願の初台湾旅行でしたー。


そして

taipei1-2


taipei1-3

長ったらしい言い訳すんません

taipei1-4


taipei1-5


ガイドブックによると流せない理由の一つとして「台湾のトイレットペーパーは水に溶けにくい」とあったので「硬いのか?それなら日本のを持って行けばいいじゃないか」と思い持って行ったくらいだが、実際は紙の質のせいではなく下水道が昔のままで十分な太さのものではない、ということらしい。


そしてトイレ脇のゴミ箱に使用済みの紙が溜まっていくわけなんだけど、意外にもそのせいで臭いが気になるということはなかった。地下鉄のトイレなんか、まだ和式のトイレが普通にある日本の駅のトイレよりも臭わないくらい。


ぶっちゃけた話、実は都市部のほとんどの施設…お店、ホテルや地下鉄の駅のトイレなどは本当は大丈夫だったんじゃないか??とも思う。昔からの習慣でそのままゴミ箱に捨てるようになってるけど。


でも、絶対アウトだろうという場所…昔の金鉱だった山をそのまま観光地にした九份(きゅうふん、ジォウフェン)のカフェで…あろうことか…やってもうた…そこには(普通貼り紙なんかしてないのに)注意書きと、数々のお助け用具が便器の脇にあるそのトイレで、無意識にペッと流してしもうた。
カフェの方、本当にすみませんでした!どうかあとで惨事となっていませんようにm(__)m


そんな雨の九份
毎日観光客でごったがえし!
 
IMG_2827

「千と千尋の神隠し」 のモチーフになったと噂があったそうですが、ジブリが正式に否定しています。

でも独特の異国情緒とちょっとした冒険気分の味わえる場所です。台北からちょっと遠いし急こう配の坂や階段も多いので体力のある時に行くべし(でも到着すると高揚したムードに押されてどんどん歩いちゃうんだけどね)


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

絵日記ランキングへ